ぎっくり腰でご来院 交野市40歳代女性

交野市の40歳代女性が

ぎっくり腰で来院されました。

お電話をいただきまして、かなりお辛そうでしたし、

予約時間に余裕がありましたので、

「今からすぐに来られますか?」

「はい。お伺いします。お願いします!」

「では、お気をつけてお越しください」

と、なりました。

車で来られたのですが、

降車の際、むちゃくちゃ痛そうです。

しかし、ご自身で運転されていたので

少し安心(?)しました。

少なくともアクセル、ブレーキ操作ができるのですから・・

 

ぎっくり腰の場合、むやみやたらに緩めるのはご法度です。

かえって悪くなってしまいますから。

この日は腰には最低限触れるだけで、

周りから調整していきました。

 

翌日また痛くなることがあるとご説明いたしました。

ぎっくり腰は翌日の方が痛くなる場合が多いので、

しっかり説明させていただかなくては不安に思われます。

 

施術後は少し腰が楽になったことを確認いただきました。

そして、「楽になったからと言って決して無理はしないでください」

「もし、翌日痛みが出たらお電話ください」

念のため3日後に予約をされて帰られました。

・・・・・・・・・・

翌日、お昼に電話を頂きました。

「あれから帰宅して夜にまた痛くなってきて動けないでいました」

「痛くなることがあるとお聞きしていたので我慢していたら、寝るころにはおさまってきました」

「朝起きたら楽になっていてラジオ体操が出来ました」(えっ!無理はしないでって言いましたよね~)

「ジャンプもできたし」(あらまーそんなことしたら・・・あかんやん)

「ただ、かがむ動作が痛くてできません」(そりゃそうだ)

って思わず突っ込みたくなるような楽しいお電話でした。

「まだ、かがめないので今日、行った方がいいですか?」(これは、もう一度調整した方がいいぞ。無理してるやん)

「はい。ご予約を本日に変更いたします。来てください」

結局2日続けて来ていただいたおかげで、すっかり良くなったご様子。

この方は定期的にメンテナンスに来てくださっているお客様です。

ですからお体の状態が手に取るように分かります。

なので2回の施術でぎっくり腰から解放されました。

めでたしめでたし・・です。

 

注:( )内は私の心の声でした。

 

功心道Kiバランス整体院 院長:唐崎

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です