アメリカ人と肩こり

SANYO DIGITAL CAMERA

20~30年ほど前のこと

ホストファミリーとして海外からの留学生とともに生活していたことがあります。

 

滞在期間は短い学生で3か月、長い学生では1年間我が家で一緒に生活することに。

おもにUSAとオーストラリアからの留学生。

 

学生といっても年齢は当時20~27歳ぐらいの年齢層だったかな。

最初はこちらも緊張していたが、そのうち慣れてきて家族のようになってくる。

ざっくばらんな会話の中「へ~っ そうなんや」なんてことが結構出てくる。

 

そのうちのひとつ。

どうやらアメリカ人は肩こり知らずらしい。

「肩がこる」という感覚がないとのこと。

これは決して言葉の壁に因るものではなく、肩がこることがないようだ。

 

学生なので適度な運動をしているからか、異国の地に居ながらストレスがないのか。

男女何人もの学生に聞きましたが、肩こりはないらしい。

我が家で暮らしていた十数人のサンプリングなので、偶然かも知れませんが・・・

 

たまたま我が家の居心地がよく、留学生たちが何のストレスもなく、

勉学に励むことができたのか?

 

その後、留学生と接する機会がなくなり、

現在事の真相を究明することができません。

 

もしかして、

アジア系民族に多く見られる蒙古斑と関係があるのかな。

肩こりと蒙古斑の関係性・・・うーん。