冷えは女性の敵です。 交野市 寝屋川市 枚方市整体院

夏だから・・体が冷えることが多々あります。

特に内臓の冷えには注意が必要です。

 

功心道Kiバランス整体院

院長の唐崎です。

女性は身体が冷えやすいと言われています。

冷えにより血流が悪くなり、

生殖器に様々な症状が現れてきます。

 

・月経困難症

交感神経が緊張することによって体が冷えると、血流障害が起こります。

 

そうすると血流を確保しようとし、副交感神経の反射を促し、

痛み物質(プロスタグランジン)が分泌され、

激しい痛みが生じます。

 

これが月経時にひどい痛みを生じる、月経困難症です。

 

 

・子宮筋腫

血流を増やすことができなくなるほど体が冷えると、

子宮筋腫を発症する可能性が高くなってきます。

 

子宮筋腫は、子宮壁や子宮の内側などに生じる良性の「こぶ」です。

 

体が冷えて血流が悪くなると、子宮の細胞は障害されていきます。

 

そして、細胞同士をつなぐ「線維芽細胞」は、血流障害に強いという特徴がありますので、

冷えから子宮を守ろうと、線維芽細胞が増殖していくのです。

 

それによってできた「こぶ」が子宮筋腫です。

 

 

月経困難症・子宮筋腫のどちらも大きな要因が体の冷えなので、

とにかく体を温めることが第一です。

 

温まって血流が良くなると、

必要なくなった線維芽細胞は吸収されます。

 

そして、元々の細胞と入れ替わり、

筋腫は小さくなっていきます。

 

気血循環療法やゆったりとした入浴などで、

副交感神経を刺激し、体温を上げて血流を良くすることで、

筋腫が小さくなった例が数多く報告されています。

 

また、これらを予防する意味で、

若いころから身体を冷やさないよう、

注意することは重要です。

 

功心道Kiバランス整体院への

お問い合わせは・・・

TEL: 0728933452

Mail: info@koushindou.com

または、

当ホームページの「お問い合わせ」フォームからどうぞ。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です